SizeF クラス

提供: AB開発Wiki
移動先:案内検索

SizeFは実数で座標を表すクラスです。

クラスの機能

プロパティ

Width

Function Width() As Long
Sub Width(w As Long)

Widthの値を参照・設定します。

Height

Function Height() As Long
Sub Height(h As Long)

Heigthの値を参照・設定します。

IsEmpty

Function IsEmpty() As Boolean

Width,Heightの値が空の場合(Widht, Height共に0の場合)に0以外の値を返します。空でない場合は0を返します。

メソッド

コンストラクタ

Sub Size()
Sub Size(initWidth As Long, initHeight As Long)
Sub Size(sz As Size)

引数無しのコンストラクタはWidthとHeightを0へ初期化します。ほかはそれぞれ、WidhtをinitWidth, sz.Widthで、HeightをinitHeight, sz.Heightで初期化します。

Operator +

Function Operator + (sz As SizeF) As SizeF

SizeFのインスタンスのWidth, Heightの値に、szのWidth, Heightをそれぞれ加算した新しいSizeFを返します。

Operator -

Function Operator - (sz As SizeF) As SizeF

SizeFのインスタンスのWidth,Heightの値に、szのWidth, Heightをそれぞれ減算した新しいSizeFを返します。

Operator ==

Function Operator == (sz As SizeF) As Boolean

Equals(sz)を返します。

Operator <>

Function Operator <> (sz As SizeF) As Boolean

Not Equals(sz)を返します。

Add

Function Add(sz As Size) As Size

SizeFのインスタンスに、szのWidth, Heightをそれぞれ加算した新しいSizeFを返します。

Substract

Function Subtract(sz As SizeF) As SizeF

SizeFのインスタンスに、szのWidth, Heightをそれぞれ減算した新しいSizeFを返します。

Equals

Function Equals(sz As SizeF) As Boolean

SizeFのインスタンスとszが同じWidth, Heightになっているかを返します。This.Width = sz.Width And This.Height = sz.Heightの結果を返します。

ToSize

Function ToSize() As Size

SizeFのインスタンスをSizeに変換します。

ToPointF

Function ToPointF() As PointF

SizeFのインスタンスをPointFに変換します。

関連項目