SizeF クラス

提供: AB開発Wiki
2006年12月11日 (月) 09:49時点におけるOverTaker (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先:案内検索

SizeFは実数で座標を表すクラスです。

クラスの機能

プロパティ

Width

Function Width() As Long
Sub Width(w As Long)

Widthの値を参照・設定します。

Height

Function Height() As Long
Sub Height(h As Long)

Heigthの値を参照・設定します。

IsEmpty

Function IsEmpty() As BOOL

Width,Heightの値が空の場合(Widht,Height共に0の場合)に0以外の値を返します。空でない場合は0を返します。

メソッド

コンストラクタ

Sub Size()
Sub Size(initWidth As Long, initHeight As Long)
Sub Size(ByRef sz As Size)

引数無しのコンストラクタはWidthとHeightを0へ初期化します。ほかはそれぞれ、WidhtをinitWidth, sz.Widthで、HeightをinitHeight, sz.Height,で初期化します。

代入

Sub Operator = (ByRef sz As Size)

Width = sz.Width : Height = sz.Heightを行います。

Operator +

Function Operator + (sz As SizeF) As SizeF

SizeFのインスタンスのWidth,Heightの値に、szのWidth,Heightをそれぞれ加算した新しいSizeFを返します。

Operator -

Function Operator - (sz As SizeF) As SizeF

SizeFのインスタンスのWidth,Heightの値に、szのWidth,Heightをそれぞれ減算した新しいSizeFを返します。

Operator ==

Function Operator == (sz As SizeF) As BOOL

Equals(sz)を返します。

Operator <>

Function Operator <> (sz As SizeF) As BOOL

Not Equals(sz)を返します。

Add

Function Add(sz As Size) As Size

SizeFのインスタンスに、szのWidth,Heightをそれぞれ加算した新しいSizeFを返します。

Substract

Function Subtract(sz As SizeF) As SizeF

SizeFのインスタンスに、szのWidth,Heightをそれぞれ減算した新しいSizeFを返します。

Equals

Function Equals(sz As SizeF) As BOOL

SizeFのインスタンスとszが同じWidth,Heightになっているかを返します。This.Width = sz.Width And This.Height = sz.Heightの結果を返します。

ToSize

Function ToSize() As Size

SizeFのインスタンスをSizeに変換します。

ToPointF

Function ToPointF() As PointF

SizeFのインスタンスをPointFに変換します。

関連項目