Versionクラス

提供: AB開発Wiki
移動先:案内検索

Versionクラスは、バージョン番号を表すクラスです。バージョンは、メジャー番号、マイナー番号、ビルド番号、リビジョン番号から構成されます。その内ビルド番号、リビジョン番号は省略可能で、都合2つから4つの構成要素からなります。

クラスの機能

継承するインタフェース

公開メソッド

コンストラクタ

Sub Version()

空のVersionを構築します。Version(0, 0)と初期化することと同じです。

Sub Version(major As Long, minor As Long)
Sub Version(major As Long, minor As Long, build As Long)
Sub Version(major As Long, minor As Long, build As Long, revision As Long)

構成要素を指定してVersionを構築します。

Sub Version(s As String)

文字列の内容を元にVersionを構築します。現在未実装です。

CompareTo

要素の比較を行います。

Override Function ComapreTo(y As Object) As Long
Const Function CompareTo(y As Version) As Long
y
比較対象

戻り値は次のようになります。

Thisがyより小さい
0より小さい数
Thisがyと等しい
0
Thisがyより大きい
0より大きい数

大小は、メジャー、マイナー、ビルド、リビジョンの順で、最初に等しくない構成要素の大小によって決定されます。全ての構成要素が等しい場合、2つのVersionは等しいとされます。また、1.3と1.3.0では、後者のほうが大きいと判定されます。

Equals

Versionが等しいか判定します。

Override Function Equals(y As Object) As Boolean
Const Function Equals(y As Version) As Boolean

GetHashCode

オブジェクトのハッシュコードを得ます。

Override Function GetHashCode() As Long

ToString

内容を文字列化します。

Override Function ToString() As String
Function ToString(fieldCount As Long) As String

オブジェクトの内容を示す String 型の文字列を返します。

fieldCount
出力する構成要素の数を指定します。指定しなかった場合、全ての要素が出力されます。

比較演算子

比較演算を行います。

Function Operator ==(v As Version) As Boolean
Function Operator <>(v As Version) As Boolean
Function Operator <(v As Version) As Boolean
Function Operator >(v As Version) As Boolean
Function Operator <=(v As Version) As Boolean
Function Operator >=(v As Version) As Boolean

比較方法の詳細は、CompareToを参照してください。

公開プロパティ

Major

Const Function Major() As Long

メジャー番号を取得します。

Minor

Const Function Minor() As Long

マイナー番号を取得します。

Build

Const Function Build() As Long

ビルド番号を取得します。

Revision

Const Function Revision() As Long

リビジョン番号を取得します。

MajorRevision

Const Function MajorRevision() As Integer

リビジョン番号の上位16ビットを取得します。

MinorRevision

Const Function MinorRevision() As Integer

リビジョン番号の下位16ビットを取得します。