TimeSpanクラス

提供: AB開発Wiki
移動先:案内検索

TimeSpanクラスは、時間の間隔を表すクラスです。DateTimeクラスの時刻に対し、TimeSpanクラスは期間を表します。時間の最小単位は、100ナノ秒単位です。

クラスの機能

定数

MaxValue

Static MaxValue = 3162240000000000000 As Int64

TimeSpanが保持できる、最大の時間を表します。単位は100ナノ秒です。

MinValue

Static MinValue = -3162240000000000000 As Int64

TimeSpanが保持できる、最小の時間を表します。単位は100ナノ秒です。

Zero

Static Zero = 0 As Int64

0を返します。

TicksPerMillisecond

Static TicksPerMillisecond = 10000 As Int64

1ミリ秒を、100ナノ秒単位で表します。

TicksPerSecond

Static TicksPerSecond = 10000000 As Int64

1秒を、100ナノ秒単位で表します。

TicksPerMinute

Static TicksPerMinute = 60000000 As Int64

1分を、100ナノ秒単位で表します。

TicksPerHour

Static TicksPerHour = 36000000000 As Int64

1時間を、100ナノ秒単位で表します。

TicksPerDay

Static TicksPerDay = 864000000000 As Int64

1日を、100ナノ秒単位で表します。

プロパティ

Ticks

Function Ticks() As Int64

インスタンスの時間を取得します。単位は100ナノ秒です。

Milliseconds

Function Milliseconds() As Long

インスタンスの時間の、ミリ秒部分を取得します。

Seconds

Function Seconds() As Long

インスタンスの時間の、秒数部分を取得します。

Minutes

Function Minutes() As Long

インスタンスの時間の、分数部分を取得します。

Hours

Function Hours() As Long

インスタンスの時間の、時数部分を取得します。

Days

Function Days() As Long

インスタンスの時間の、日数部分を取得します。

TotalMilliseconds

Function TotalMilliseconds() As Double

インスタンスの時間を、ミリ秒数に換算した値で取得します。

TotalSeconds

Function TotalSeconds() As Double

インスタンスの時間を、秒数に換算した値で取得します。

TotalMinutes

Function TotalMinutes() As Double

インスタンスの時間を、分数に換算した値で取得します。

TotalHours

Function TotalHours() As Double

インスタンスの時間を、時数に換算した値で取得します。

TotalDays

Function TotalDays() As Double

インスタンスの時間を、日数に換算した値で取得します。

メソッド

コンストラクタ

Sub TimeSpan(ticks As Int64)

指定した時間で初期化したTimeSpanを作成します。時間の単位は100ナノ秒です。

Sub TimeSpan(ts As TimeSpan)

指定したTimeSpanで初期化したTimeSpanを作成します。

Operator+

Function Operator+ (ts As TimeSpan) As TimeSpan

インスタンスの時間とtsの時間を加算します。

Operator-

Function Operator- (ts As TimeSpan) As TimeSpan

インスタンスの時間からtsの時間を減算します。

Operator==

Function Operator== (ts As TimeSpan) As Boolean

インスタンスの時間とtsの時間が等しい場合、Trueが返ります。それ以外はFalseです。

Operator<>

Function Operator<> (ts As TimeSpan) As Boolean

インスタンスの時間とtsの時間が等しい場合、Trueが返ります。それ以外はFalseです。

Operator>

Function Operator> (ts As TimeSpan) As Boolean

インスタンスの時間のが、tsより長い場合、Trueが返ります。それ以外はFalseです。

Operator<

Function Operator< (ts As TimeSpan) As Boolean

インスタンスの時間のが、tsより短い場合、Trueが返ります。それ以外はFalseです。

Operator=>

Function Operator> (ts As TimeSpan) As Boolean

インスタンスの時間のが、ts長いか等しい場合、Trueが返ります。それ以外はFalseです。

Operator=<

Function Operator=< (ts As TimeSpan) As Boolean

インスタンスの時間のが、tsより短いか等しい場合、Trueが返ります。それ以外はFalseです。

Add

指定した時間を加算します。

Function Add(ts As TimeSpan) As TimeSpan
ts
加算する値を指定します。
戻り値
インスタンスの時間とtsの時間を加算した、新しいTimeSpanが返ります。

Compare

指定した2つの時間を比較します。

Static Function Compare(ts1 As TimeSpan, ts2 As TimeSpan) As Long
ts1
比較する時間を指定します。
ts2
ts1と比較する時間を指定します。
戻り値
ts1がts2より長い場合1、ts1とts2が等しい場合0、ts1がts2より短い場合-1が返ります。

CompareTo

インスタンスと、指定した時間を比較します。

Function CompareTo(ts As TimeSpan) As Long
ts
比較する時間を指定します。
戻り値
インスタンスがtsよりも長い場合正の値、等しい場合0、tsよりも短い場合負の値が返ります。

Duration

インスタンスの時間の絶対値を取得します。

Function Duration() As TimeSpan
戻り値
インスタンスの時間の絶対値が返ります。

Equals

インスタンスの時間と、指定した時間が等しいかどうかを調べます。

Function Equals(ts As TimeSpan) As Boolean
ts
比較する時間を指定します。
戻り値
インスタンスとtsの時間が等しい場合、Trueが返ります。それ以外はFalseです。

指定した2つの時間が等しいかどうかを調べます。

Static Function Equals(ts1 As TimeSpan, ts2 As TimeSpan) As Boolean
ts1
時間を指定します。
ts2
ts1と比較する時間を指定します。
戻り値
ts1とts2が等しい場合、Trueが返ります。それ以外はFalseです。

FromTicks

指定した時間で初期化したTimeSpanを作成します。

Static Function FromTicks(ticks As Int64) As TimeSpan
ticks
時間を100ナノ秒単位で指定します。
戻り値
ticksの時間で初期化したTimeSpanを返します。

FromMilliseconds

指定した時間で初期化したTimeSpanを作成します。

Static Function FromMilliseconds(value As Double) As TimeSpan
value
時間をミリ秒単位で指定します。
戻り値
valueの時間で初期化したTimeSpanを返します。

FromSeconds

指定した時間で初期化したTimeSpanを作成します。

Static Function FromSeconds(value As Double) As TimeSpan
value
時間を秒単位で指定します。
戻り値
valueの時間で初期化したTimeSpanを返します。

FromMinutes

指定した時間で初期化したTimeSpanを作成します。

Static Function FromMinutes(value As Double) As TimeSpan
value
時間を分単位で指定します。
戻り値
valueの時間で初期化したTimeSpanを返します。

FromHours

指定した時間で初期化したTimeSpanを作成します。

Static Function FromHours(value As Double) As TimeSpan
value
時間を時単位で指定します。
戻り値
valueの時間で初期化したTimeSpanを返します。

FromDays

指定した時間で初期化したTimeSpanを作成します。

Static Function FromDays(value As Double) As TimeSpan
value
時間を日数単位で指定します。
戻り値
valueの時間で初期化したTimeSpanを返します。

Negate

インスタンスの時間の符号を反転します。

Function Negate() As TimeSpan
戻り値
インスタンスの時間を反転した時間が返ります。例えば、1時間だった場合、-1時間が返ります。

Subtract

インスタンスの時間から、指定した時間を減算します。

Function Subtract(ts As TimeSpan) As TimeSpan
ts
減算する時間を指定します。
戻り値
インスタンスの時間からtsの時間を減算したTimeSpanが返ります。

備考

TimeSpanクラスは、時間の間隔を表しているクラスなので、負の値も表すことができます。

Double型で時間を指定するところは、小数部分の時間も正しく計算されます。例えば、0.5時間は30分です。

関連項目

DateTimeクラス