TextReaderクラス

提供: AB開発Wiki
移動先:案内検索

TextReaderクラスは、テキスト読み取りのための抽象クラスです。

クラスの機能

実装するインタフェース

公開メソッド

デストラクタ

オブジェクトを破棄します。

Virtual Sub ~TextReader()

Dispose(False)を行います。

Close

ストリームを閉じます。

Sub Close()

Dispose(True)を行います。

Dispose

インスタンスを破棄します。

Sub Dispose()

ストリームを閉じることと同義で、Dispose(True)を行います。

Abstract Sub Dispose(disposing As Boolean)
disposing

Peek

次の文字を覗き見します。

Abstract Function Peek() As Long
戻り値
次の文字。EOFの場合は-1になります。

1文字読み取りますが、読み取り位置は変化しません。

Read

テキストを読み取ります。

Abstract Function Read() As Long
戻り値
読み取った文字。EOFに達した場合は-1になります。

これは1文字を読み取る種類のメソッドです。複数文字をまとめて受け取る際には、次の多重定義もあります。

Virtual Function Read(buffer As *StrChar, index As Long, count As Long) As Long
buffer
読み取った文字を格納するバッファ
index
bufferの中から書き込みを開始する位置(要素数)
count
bufferに書き込む最大の文字数
戻り値
実際に読み取った文字数。常にcountと同じ値になるとは限りません。EOFの場合は0になります。

いずれの多重定義にしても、読み取った分だけ読み取り位置が進みます。

ReadLine

1行を読み取ります。

Abstract Function ReadLine() As String
戻り値
読み取った文字列。改行文字は含まれません。

このメソッドでは、現在の読み取り位置から改行文字またはEOFが現れるまでを読み取ります。改行文字は次の通りです。

  • CR(復帰: &h0D)
  • LR(改行: &h0A)
  • CR LF(復帰-改行 &h0D &h0A)
  • VT(垂直タブ: &h0B)
  • FF(改ページ: &h0C)

ReadToEnd

ストリームの終わりまでを一括して読み取ります。

Abstract Function ReadToEnd() As String
戻り値
読み取った文字列。