RectangleFクラス

提供: AB開発Wiki
移動先:案内検索

RectangleFは四角形の位置や大きさを示す、4つの実数を格納します。

クラスの機能

プロパティ

Location

Function Location() As Point
Sub Location(point As PointF)

左上隅の値を取得または設定します。

Size

Function Size() As Size
Sub Size(size As SizeF)

サイズ(Width, Height)を取得または設定します。

X

Function X() As Single
Sub X(value As Single)

左上隅のx座標を取得または設定します。

Y

Function Y() As Single
Sub Y(value As Single)

左上隅のy座標を取得または設定をします。

Width

Function Width() As Single
Sub Width(value As Single)

幅を取得または設定します。

Height

Function Height() As Single
Sub Height(value As Single)

高さを取得または設定します。

Left

Function Left() As Single

左端(X)のx座標を取得します。

Top

Function Top() As Single

上端(Y)のy座標を取得します。

Right

Function Right() As Single

右端(X+Width)のx座標を取得します。

Bottom

Function Bottom() As Single

下端(Y+Height)のy座標を取得します。

IsEmpty

Function IsEmpty() As Boolean

全ての値が0ならばTRUEを返します。それ以外はFALSEです。

メソッド

コンストラクタ

Sub RectangleF()
Sub RectangleF(x As Single, y As Single, width As Single, height As Single)
Sub RectangleF(location As PointF, size As SizeF)
Sub RectangleF(rc As RectangleF)
  • 1行目の引数無しコンストラクタは、全ての値が0で初期化したインスタンスを作成します。
  • 2行目のx, y, width,h eightは、それぞれの値で初期化したインスタンスを作成します。
  • 3行目のlocation,s izeは、それぞれの位置と大きさで初期化したインスタンスを作成します。
  • 4行目のrcは、それと同様の値を持ったインスタンスを作成します。

Operator ==

Function Operator == (rc As RectangleF) As Boolean

Equals(rc)を返します。

Operator <>

Function Operator <> (rc As RectangleF) As Boolean

Not Equals(rc)を返します。

Equals

Function Equals(rc As RectangleF) As Boolean
rc 
RectangleFインスタンスを指定します。

このインスタンスのそれぞれの値(x, y, width, height)と、rcの値が同一の場合TRUEが返ります。それ以外はFALSEです。

FromLTRB

Static Function FromLTRB(l As Single, t As Single, r As Single, b As Single) As Rectangle
左端のx座標を指定します。
上端のy座標を指定します。
右端のx座標を指定します。
下端のy座標を指定します。

それぞれの値で初期化した、新しいRectangleFインスタンスを返します。

Contains

Function Contains(x As Single, y As Single) As Boolean
Function Contains(pt As PointF) As Boolean
Function Contains(rc As RectangleF) As Boolean

それぞれで指定した座標が、このRectangleFインスタンスの四角形領域内に含まれている場合、TRUEを返します。それ以外はFALSEです。

Inflate

Sub Inflate(dx As Single, dy As Single)
Sub Inflate(sz As SizeF)
Static Function Inflate(rc As RectangleF, x As Single, y As Single) As RectangleF
  • それぞれで指定した値だけ、四角形の大きさを大きくします。四角形の中心は保たれ、それぞれ上下左右に指定した値だけ大きくなります。例えば、X=10, Y=10, Width=10, Height=10の四角形にdx=10,dy=10を指定すると、X=0, Y=0, Width=30, Height=30の四角形になります。
  • Staticメソッドは、指定したrcインスタンスから、x, yだけInflateした、新しいRectangleFインスタンスを返します。

Intersect

Sub Intersect(ByRef rect As RectangleF)
Static Function Intersect(ByRef a As RectangleF, ByRef b As RectangleF) As RectangleF
  • 1行目は、このRectangleFインスタンスが、現在のインスタンスの領域とrectが交差した部分になります。
  • 2行目は、aとbの領域が交差した部分を示す、新しいRectangleFを返します。

IntersectsWith

Function IntersectsWith(rc As RectangleF) As Boolean

RectangleFインスタンスが、rcと交差している場合、TRUEを返します。それ以外はFALSEです。

Union

Static Function Union(a As RectangleF, b As RectangleF) As RectangleF

aとbのRectangleFインスタンスの和集合を、新しいRectangleFインスタンスで返します。

Offset

Sub Offset(pt As PointF)
Sub Offset(dx As Single, dy As Single)

四角形の左上隅の座標を設定します。

関連項目