KernelHandle クラス

提供: AB開発Wiki
移動先:案内検索

KernelHandle クラスは、Windowsのカーネルオブジェクトハンドルのうち、CloseHandleで閉じることのできるものをラッピングするクラスです。<windows/KernelHandle.hpp>にて実装されます。

クラスの機能

プロパティ

Handle

Function Handle() As HANDLE

[読取専用] このインスタンスが保持しているウィンドウハンドルを返します。

メソッド

コンストラクタ

Sub KernelHandle()

空の内容で初期化します。Handleを参照すると0を返します。

Sub KernelHandle(hNew As HANDLE)

指定されたハンドルで初期化します。

hNew 
KernelHandleを初期化するハンドル

デストラクタ

Sub ~KernelHandle()

Close()を呼び出します。

変換演算子

Function Operator () As HANDLE
戻り値 
Handle

Close

ハンドルを閉じます。

Function Close() As BOOL
戻り値 
閉じられるとTRUE、そうでなければFALSEを返します。

このメソッドはWindows API関数のCloseHandleを呼び出します。

Reset

今まで保持してきたハンドルを閉じ、新しいハンドルを保持します。

Sub Reset(hNew As HANDLE)
hNew 
KernelHandleが新たに保持するハンドル
Private
    Sub Reset(hNew As KernelHandle)

誤って複数のKernelHandleが同一のハンドルを保持することの無いよう、Privateになっています。このメソッドの実装はありません。