Stringクラス

提供: AB開発Wiki
2006年9月30日 (土) 10:22時点におけるEgtra (トーク | 投稿記録)による版 (プロパティ・メソッドを一通り追加)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先:案内検索

文字列を扱うクラスです。

クラスの機能

メンバ・プロパティ

Chars

Stringが保持している文字列へのポインタです。これを通じて内容の読み取り・書き込みを行うことができます。

Length

Stringが保持している文字列の長さを表しています。基本的に書き換えないでください。

メソッド

コンストラクタ

Stringインスタンスを初期化します。

Sub String()

デフォルトコンストラクタ)空文字列を作ります。

Sub String(ByRef initStr As String)

(コピーコンストラクタ)initStrの内容で初期化します。

Sub String(ByVal initStr As *Byte)

initStrの内容で初期化します。initStrはヌル終端の文字列を指定します。

デストラクタ

Stringインスタンスの破壊時に呼ばれます。

Sub ~String()

文字列のメモリを解放します。

代入

Stringオブジェクトに文字列を割り当てます。

Sub Operator = (ByRef text As String)
Sub Operator = (ByVal text As *Byte)

Assign(text)と同じです。

Assign

Stringオブジェクトに文字列を割り当てます。

Sub Assign(ByRef text As String)
Sub Assign(ByVal text As *Byte)
Sub Assign(ByVal text As *Byte, ByVal length As Long)

textの内容をこのStringインスタンスへコピーします。

  • Stringを引数に取るものは、text.length文字コピーします。
  • *Byte単独を引数に取るものは、lstrlen(text)文字コピーします。
  • lengthを引数に取るものは、length文字分コピーします。

Swap

Sub Swap(ByRef x As String)

ZeroString

StrPtr

LPSTR変換演算子

Insert

Remove

Replace

Operator +

Operator &

Append

Concat

Operator []

Operator []=

IndexOf

LastIndexOf

StartsWith

EndsWith

SubString

IsNullOrEmpty