「Pathクラス」の版間の差分

提供: AB開発Wiki
移動先:案内検索
(comment2, http://richtzsir.mail15.su/page-529.html èãû ãîðÿ÷èå íîâèíêè, %(((, http://zelmatyjss.pisem.net/site-641.html ïåñíÿ ðîçàíîâîé èç êèíîôèëüìà êàòåðèíà, 23500, http://xuanarterii.rbcmail.ru/)
(差し戻し)
 
1行目: 1行目:
comment2, http://richtzsir.mail15.su/page-529.html èãû ãîðÿ÷èå íîâèíêè, %(((, http://zelmatyjss.pisem.net/site-641.html ïåñíÿ ðîçàíîâîé èç êèíîôèëüìà êàòåðèíà, 23500, http://xuanarterii.rbcmail.ru/site-708.html êðàæà â ìóçåå îòçûâû, >:-[[[, http://reneeroschka.hotmail.ru/doc_810.html ïðîòèâîñòîÿíèå 3 2000 ðóññêàÿ âåðñèÿ, 588, http://ronnyperceyz7n.land.ru/ritmy-afriki-proslushat-i-skachat.html ðèòìû àôðèêè ïðîñëóøàòü è ñêà÷àòü, %))), http://sherisse4hw1ive.pochtamt.ru/site-423.html øèçîôðåíèÿ â óêðàèíå, ryypyk, http://rillazlhop.pisem.net/site-559.html àðò-õàóñ è àâòîðñêîå êèíî, >:), http://yevette3i8tgr.smtp.ru/page_178.html çîíà.òþðåìíûé ðîìàí àêòåðû, jvb, http://rillazlhop.pisem.net/page-147.html ñêà÷àòü ôèëüì òðèíàäöàòü ïðèâèäåíèé äóáëÿæ, >:-], http://soiclujano.front.ru/film-voennye-volk.html ôèëüì âîåííûå âîëê,  :))), http://thuyvdxbu.pisem.net/site-481.html çíàìåíèå ðåéòèíã, eorna, http://rigqpatak.mail333.su/page_210.html àëåêñàíäð êàðïåíêî,  79121, http://taynaql7skel.hotmail.ru/page_317.html êðèñòèíà îðáàêàéòå ìþçèêë ñíåæíàÿ êîðîëåâà, %), http://twanavnno.hotbox.ru/page_152.html ðåöåíçèÿ íà áåññëàâíûõ óáëþäêîâ, 543698, http://tiffanieha0rm1.pisem.net/page_135.html äæîí êîñòåëëî ñîïðàíî,  >:-[[, http://tiffaney3055hea.front.ru/site-602.html ïðèíöåñà ìîíîíîêå ñêà÷àòü,  143146, http://sherrikunau40.nm.ru/page-472.html ùåðáàêîâ àêòåð,  >:OOO,
+
'''Pathクラス'''は、ファイルパスを格納した[[Stringクラス|String]]インスタンスに対して、さまざまなメソッドを提供します。
 +
== クラスの機能 ==
 +
=== 定数 ===
 +
==== AltDirectorySeparatorChar ====
 +
Static AltDirectorySeparatorChar As Char
 +
ディレクトリを区切る代替文字を表します。デフォルトで、Asc("/")が指定されています。
 +
 
 +
==== DirectorySeparatorChar ====
 +
  Static DirectorySeparatorChar As Char
 +
ディレクトリを区切る文字を表します。デフォルトで、Asc("\")が指定されています。
 +
 
 +
==== PathSeparator ====
 +
Static PathSeparator As Char
 +
特に環境変数でパスを区切る文字を表します。デフォルトで、Asc(";")が指定されています。
 +
 
 +
==== VolumeSeparatorChar ====
 +
Static VolumeSeparatorChar As Char
 +
ボリュームを区切る文字を表します。デフォルトで、Asc(":")が指定されています。
 +
 
 +
=== メソッド ===
 +
==== GetFileName ====
 +
指定したパスの、ファイル名の部分だけを取得します。
 +
  Static Function GetFileName(path As String) As String
 +
;path
 +
:パスを指定します。
 +
;戻り値
 +
:pathのファイル名の部分を、[[Stringクラス|String]]インスタンスで返します。
 +
 
 +
==== GetFileNameWithoutExtension ====
 +
指定したパスの、拡張子を除いたファイル名の部分だけを取得します。
 +
  Static Function GetFileNameWithoutExtension(path As String) As String
 +
;path
 +
:パスを指定します。
 +
;戻り値
 +
:pathの拡張子を除いたファイル名の部分を、[[Stringクラス|String]]インスタンスで返します。
 +
 
 +
==== GetRandomFileName ====
 +
ランダムなファイル名を取得します。
 +
  Static Function GetRandomFileName() As String
 +
;戻り値
 +
:ランダムなファイル名を、[[Stringクラス|String]]インスタンスで返します。
 +
まだ厳密に実装されていません。
 +
 
 +
==== GetExtension ====
 +
指定したパスの、拡張子の部分だけを取得します。
 +
  Static Function GetExtension(path As String) As String
 +
;path
 +
:パスを指定します。
 +
;戻り値
 +
:pathの拡張子の部分を、[[Stringクラス|String]]インスタンスで返します。
 +
先頭の"."を含む文字列が返ります。
 +
 
 +
==== ChangeExtension ====
 +
指定したパスの、拡張子を変更します。
 +
  Static Function ChangeExtension(path As String, extension As String) As String
 +
;path
 +
:パスを指定します。
 +
;extension
 +
:先頭の"."を含む、新しい拡張子を指定します。
 +
;戻り値
 +
:pathの拡張子部分を、extensionで指定した拡張子に変更し、[[Stringクラス|String]]インスタンスで返します。
 +
 
 +
==== HasExtension ====
 +
指定したパスの拡張子があるかどうかを返します。
 +
  Static Function HasExtension(ByRef path As String) As Boolean
 +
;path
 +
:パスを指定します。
 +
;戻り値
 +
:拡張子がある場合はTrue、それ以外はFalseを返します。
 +
 
 +
==== GetTempFileName ====
 +
一時ファイルを作成し、そのパスを返します。
 +
  Static Function GetTempFileName() As String
 +
;戻り値
 +
:作成した一時ファイルのパスを、[[Stringクラス|String]]インスタンスで返します。
 +
未実装です。
 +
 
 +
==== GetTempPath ====
 +
システムの一時フォルダのパスを取得します。
 +
  Static Function GetTempPath() As String
 +
;戻り値
 +
:一時フォルダのパスを、[[Stringクラス|String]]インスタンスで返します。
 +
 
 +
==== GetFullPath ====
 +
指定したパスを、絶対パスにして返します。
 +
Static Function GetFullPath(path As String) As String
 +
;path
 +
:パスを指定します。
 +
;戻り値
 +
:pathを絶対パスにした、[[Stringクラス|String]]インスタンスを返します。
 +
絶対パスは、GetCurrentDirectory()から得られた情報を元に作成されます。また、すでにpathが絶対パスであった場合、戻り値はpathとなります。
 +
 
 +
==== GetDirectoryName ====
 +
指定したパスの、ひとつ上のディレクトリ(パスが示すファイル,ディレクトリが入っているフォルダ)のパスを取得します。
 +
Static Function GetDirectoryName(path As String) As String
 +
;path
 +
:パスを指定します。
 +
;戻り値
 +
:pathのひとつ上のフォルダのパスが、[[Stringクラス|String]]インスタンスで返ります。pathがルートディレクトリを示している場合、戻り値は[[Stringクラス#Empty|String.Empty]]となります。
 +
 
 +
==== GetPathRoot ====
 +
指定したパスの、ルートディレクトリを取得します。
 +
  Static Function GetPathRoot(path As String) As String
 +
;path
 +
:パスを指定します。
 +
;戻り値
 +
:pathのルートディレクトリが、[[Stringクラス|String]]インスタンスで返ります。pathにルートディレクトリが含まれなかった場合、空の文字列が返ります。
 +
 
 +
==== IsPathRooted ====
 +
指定したパスに、ルートディレクトリが含まれるかどうかを返します。
 +
  Static Function IsPathRooted(path As String) As Boolean
 +
;path
 +
:パスを指定します。
 +
;戻り値
 +
:pathにルートディレクトリが含まれているならTrue、それ以外はFalseです。
 +
 
 +
==== Combine ====
 +
指定した2つのパスを連結させます。
 +
  Static Function Combine(path1 As String, path2 As String) As String
 +
;path1
 +
:先頭のパスを指定します。
 +
;path2
 +
:path1に続く、パスを指定します。
 +
;戻り値
 +
:path1にpath2を連結させた、[[Stringクラス|String]]インスタンスが返ります。path1の最後が、パス区切り文字"\"で終わっていなかった場合、path1とpath2の間に、"\"を追加します。
 +
 
 +
== 備考 ==
 +
Pathクラスは、Windowsファイルパスを想定して作られています。Pathクラスのメソッドを実行する際、パスが正しい値かチェックされ、無効な文字が含まれている場合、[[IOExceptionクラス|IOException]]が発生します。
 +
 
 +
[[Category:System.IO名前空間]]

2011年1月15日 (土) 17:53時点における最新版

Pathクラスは、ファイルパスを格納したStringインスタンスに対して、さまざまなメソッドを提供します。

クラスの機能

定数

AltDirectorySeparatorChar

Static AltDirectorySeparatorChar As Char

ディレクトリを区切る代替文字を表します。デフォルトで、Asc("/")が指定されています。

DirectorySeparatorChar

Static DirectorySeparatorChar As Char

ディレクトリを区切る文字を表します。デフォルトで、Asc("\")が指定されています。

PathSeparator

Static PathSeparator As Char

特に環境変数でパスを区切る文字を表します。デフォルトで、Asc(";")が指定されています。

VolumeSeparatorChar

Static VolumeSeparatorChar As Char

ボリュームを区切る文字を表します。デフォルトで、Asc(":")が指定されています。

メソッド

GetFileName

指定したパスの、ファイル名の部分だけを取得します。

Static Function GetFileName(path As String) As String
path
パスを指定します。
戻り値
pathのファイル名の部分を、Stringインスタンスで返します。

GetFileNameWithoutExtension

指定したパスの、拡張子を除いたファイル名の部分だけを取得します。

Static Function GetFileNameWithoutExtension(path As String) As String
path
パスを指定します。
戻り値
pathの拡張子を除いたファイル名の部分を、Stringインスタンスで返します。

GetRandomFileName

ランダムなファイル名を取得します。

Static Function GetRandomFileName() As String
戻り値
ランダムなファイル名を、Stringインスタンスで返します。

まだ厳密に実装されていません。

GetExtension

指定したパスの、拡張子の部分だけを取得します。

Static Function GetExtension(path As String) As String
path
パスを指定します。
戻り値
pathの拡張子の部分を、Stringインスタンスで返します。

先頭の"."を含む文字列が返ります。

ChangeExtension

指定したパスの、拡張子を変更します。

Static Function ChangeExtension(path As String, extension As String) As String
path
パスを指定します。
extension
先頭の"."を含む、新しい拡張子を指定します。
戻り値
pathの拡張子部分を、extensionで指定した拡張子に変更し、Stringインスタンスで返します。

HasExtension

指定したパスの拡張子があるかどうかを返します。

Static Function HasExtension(ByRef path As String) As Boolean
path
パスを指定します。
戻り値
拡張子がある場合はTrue、それ以外はFalseを返します。

GetTempFileName

一時ファイルを作成し、そのパスを返します。

Static Function GetTempFileName() As String
戻り値
作成した一時ファイルのパスを、Stringインスタンスで返します。

未実装です。

GetTempPath

システムの一時フォルダのパスを取得します。

Static Function GetTempPath() As String
戻り値
一時フォルダのパスを、Stringインスタンスで返します。

GetFullPath

指定したパスを、絶対パスにして返します。

Static Function GetFullPath(path As String) As String
path
パスを指定します。
戻り値
pathを絶対パスにした、Stringインスタンスを返します。

絶対パスは、GetCurrentDirectory()から得られた情報を元に作成されます。また、すでにpathが絶対パスであった場合、戻り値はpathとなります。

GetDirectoryName

指定したパスの、ひとつ上のディレクトリ(パスが示すファイル,ディレクトリが入っているフォルダ)のパスを取得します。

Static Function GetDirectoryName(path As String) As String
path
パスを指定します。
戻り値
pathのひとつ上のフォルダのパスが、Stringインスタンスで返ります。pathがルートディレクトリを示している場合、戻り値はString.Emptyとなります。

GetPathRoot

指定したパスの、ルートディレクトリを取得します。

Static Function GetPathRoot(path As String) As String
path
パスを指定します。
戻り値
pathのルートディレクトリが、Stringインスタンスで返ります。pathにルートディレクトリが含まれなかった場合、空の文字列が返ります。

IsPathRooted

指定したパスに、ルートディレクトリが含まれるかどうかを返します。

Static Function IsPathRooted(path As String) As Boolean
path
パスを指定します。
戻り値
pathにルートディレクトリが含まれているならTrue、それ以外はFalseです。

Combine

指定した2つのパスを連結させます。

Static Function Combine(path1 As String, path2 As String) As String
path1
先頭のパスを指定します。
path2
path1に続く、パスを指定します。
戻り値
path1にpath2を連結させた、Stringインスタンスが返ります。path1の最後が、パス区切り文字"\"で終わっていなかった場合、path1とpath2の間に、"\"を追加します。

備考

Pathクラスは、Windowsファイルパスを想定して作られています。Pathクラスのメソッドを実行する際、パスが正しい値かチェックされ、無効な文字が含まれている場合、IOExceptionが発生します。