「Fooクラス」の版間の差分

提供: AB開発Wiki
移動先:案内検索
2行目: 2行目:
  
  
= クラスの機能 =
+
== クラスの機能 ==
  
== メンバ・プロパティ ==
+
=== メンバ・プロパティ ===
  
=== Member1 ===
+
==== Member1 ====
 
ここにMember1の説明を書いてください。
 
ここにMember1の説明を書いてください。
  
=== Member2 ===
+
==== Member2 ====
 
ここにMember2の説明を書いてください。
 
ここにMember2の説明を書いてください。
  
  
== メソッド ==
+
=== メソッド ===
  
=== Method1 ===
+
==== Method1 ====
 
ここにMethod1の説明を書いてください(必要に応じてパラメータ・戻り値の説明を書くと良いでしょう)。
 
ここにMethod1の説明を書いてください(必要に応じてパラメータ・戻り値の説明を書くと良いでしょう)。
  
23行目: 23行目:
  
  
=== Method2(詳しくは[[Foo.Method2]]へ) ===
+
==== Method2(詳しくは[[Foo.Method2]]へ) ====
 
Method2はオーバーロードによって様々なパラメータ形式に対応していると仮定します。この位置にMethod2の説明を書いた後、上記のように新しくページを作成しても良いでしょう(オーバーロードされているからといって必ずしも新しいページを作成する必要はありません)。
 
Method2はオーバーロードによって様々なパラメータ形式に対応していると仮定します。この位置にMethod2の説明を書いた後、上記のように新しくページを作成しても良いでしょう(オーバーロードされているからといって必ずしも新しいページを作成する必要はありません)。
  
35行目: 35行目:
  
  
= 備考 =
+
== 備考 ==
 
ここに備考を書いてください。
 
ここに備考を書いてください。
  
  
= 使用例 =
+
== 使用例 ==
 
ここに使用例を書いてください。
 
ここに使用例を書いてください。
  

2006年10月12日 (木) 15:45時点における版

ここにクラスの概要を書いてください。


クラスの機能

メンバ・プロパティ

Member1

ここにMember1の説明を書いてください。

Member2

ここにMember2の説明を書いてください。


メソッド

Method1

ここにMethod1の説明を書いてください(必要に応じてパラメータ・戻り値の説明を書くと良いでしょう)。

書式:

Method1(Text As String)


Method2(詳しくはFoo.Method2へ)

Method2はオーバーロードによって様々なパラメータ形式に対応していると仮定します。この位置にMethod2の説明を書いた後、上記のように新しくページを作成しても良いでしょう(オーバーロードされているからといって必ずしも新しいページを作成する必要はありません)。

書式:

Method2(Text As String)

Method2(Text As String, i As Long)

Method2(Text As String, i As Long, x As Double, y As Double)


備考

ここに備考を書いてください。


使用例

ここに使用例を書いてください。

Dim obj As Foo
obj.Member1=10
obj.Method2("hello")