FileSystemInfoクラス

提供: AB開発Wiki
2007年5月30日 (水) 15:43時点におけるOverTaker (トーク | 投稿記録)による版 (Attributes)
移動先:案内検索

FileSystemInfo クラスは、FileInfo クラスDirectoryInfo クラスの基本的な機能をまとめた抽象クラスです。各プロパティの最新の情報を取得するには、Refreshメソッドを呼び出す必要があります。

クラス機能

プロパティ

Attributes

※現在複数の属性を扱うことはできません。

Function Attributes() As FileAttributes
Sub Attributes(ByRef value As FileAttributes)

インスタンスが示すファイルやフォルダの、FileAttributesを取得または設定をします。

CreationTime

Function CreationTime() As DateTime
Sub CreationTime(ByRef value As DateTime)

インスタンスが示すファイルやフォルダの、作成日時を取得または設定をします。フォルダの日時変更は、NT系OSのみです。

CreationTimeUtc

Function CreationTimeUtc() As DateTime
Sub CreationTimeUtc(ByRef value As DateTime)

インスタンスが示すファイルやフォルダの、作成日時を世界協定時刻(Utc)で取得または設定をします。フォルダの日時変更は、NT系OSのみです。

LastAccessTime

Function LastAccessTime() As DateTime
Sub LastAccessTime(ByRef value As DateTime)

インスタンスが示すファイルやフォルダの、アクセス日時を取得または設定をします。フォルダの日時変更は、NT系OSのみです。

LastAccessTimeUtc

Function LastAccessTimeUtc() As DateTime
Sub LastAccessTimeUtc(ByRef value As DateTime)

インスタンスが示すファイルやフォルダの、アクセス日時を世界協定時刻(Utc)で取得または設定をします。フォルダの日時変更は、NT系OSのみです。

LastWriteTime

Function LastWriteTime() As DateTime
Sub LastWriteTime(ByRef value As DateTime)

インスタンスが示すファイルやフォルダの、更新日時を取得または設定します。フォルダの日時変更は、NT系OSのみです。

LastWriteTimeUtc

Function LastWriteTimeUtc() As DateTime
Sub LastWriteTimeUtc(ByRef value As DateTime)

インスタンスが示すファイルやフォルダの、更新日時を世界協定時刻(Utc)で取得または設定します。フォルダの日時変更は、NT系OSのみです。

Exists

Function Exists() As Boolean

インスタンスが示すファイルやフォルダが、存在するかどうかを取得します。存在する場合True、それ以外はFlaseです。

Extension

Function Extension() As String

インスタンスが示すファイルやフォルダ名の、拡張子を返します。

FullName

Function FullName() As String

インスタンスが示すファイルやフォルダの、フルパスを取得します。

Name

Function Name() As String

インスタンスが示すファイルやフォルダの名前を取得します。

メソッド

Delete

Virtual Sub Delete()

インスタンスが示すファイルやフォルダを削除します。

Refresh

Virtual Sub Refresh()

インスタンスが示すファイルやフォルダの情報を、最新の情報に更新します。

関連項目

FileInfo クラス DirectoryInfo クラス