「FileSystemInfoクラス」の版間の差分

提供: AB開発Wiki
移動先:案内検索
(新規作成)
 
10行目: 10行目:
 
  Function CreationTime() As [[DateTime クラス|DateTime]]
 
  Function CreationTime() As [[DateTime クラス|DateTime]]
 
  Sub CreationTime(ByRef value As [[DateTime クラス|DateTime]])
 
  Sub CreationTime(ByRef value As [[DateTime クラス|DateTime]])
インスタンスが示すファイルやフォルダの、作成日時を取得または設定をします。
+
インスタンスが示すファイルやフォルダの、作成日時を取得または設定をします。フォルダの日時変更は、NT系OSのみです。
  
 
====CreationTimeUtc====
 
====CreationTimeUtc====
 
  Function CreationTimeUtc() As [[DateTime クラス|DateTime]]
 
  Function CreationTimeUtc() As [[DateTime クラス|DateTime]]
 
  Sub CreationTimeUtc(ByRef value As [[DateTime クラス|DateTime]])
 
  Sub CreationTimeUtc(ByRef value As [[DateTime クラス|DateTime]])
インスタンスが示すファイルやフォルダの、作成日時を世界協定時刻(Utc)で取得または設定をします。
+
インスタンスが示すファイルやフォルダの、作成日時を世界協定時刻(Utc)で取得または設定をします。フォルダの日時変更は、NT系OSのみです。
  
 
====LastAccessTime====
 
====LastAccessTime====
 
  Function LastAccessTime() As [[DateTime クラス|DateTime]]
 
  Function LastAccessTime() As [[DateTime クラス|DateTime]]
 
  Sub LastAccessTime(ByRef value As [[DateTime クラス|DateTime]])
 
  Sub LastAccessTime(ByRef value As [[DateTime クラス|DateTime]])
インスタンスが示すファイルやフォルダの、アクセス日時を取得または設定をします。
+
インスタンスが示すファイルやフォルダの、アクセス日時を取得または設定をします。フォルダの日時変更は、NT系OSのみです。
  
 
====LastAccessTimeUtc====
 
====LastAccessTimeUtc====
 
  Function LastAccessTimeUtc() As [[DateTime クラス|DateTime]]
 
  Function LastAccessTimeUtc() As [[DateTime クラス|DateTime]]
 
  Sub LastAccessTimeUtc(ByRef value As [[DateTime クラス|DateTime]])
 
  Sub LastAccessTimeUtc(ByRef value As [[DateTime クラス|DateTime]])
インスタンスが示すファイルやフォルダの、アクセス日時を世界協定時刻(Utc)で取得または設定をします。
+
インスタンスが示すファイルやフォルダの、アクセス日時を世界協定時刻(Utc)で取得または設定をします。フォルダの日時変更は、NT系OSのみです。
  
 
====LastWriteTime====
 
====LastWriteTime====
 
  Function LastWriteTime() As [[DateTime クラス|DateTime]]
 
  Function LastWriteTime() As [[DateTime クラス|DateTime]]
 
  Sub LastWriteTime(ByRef value As [[DateTime クラス|DateTime]])
 
  Sub LastWriteTime(ByRef value As [[DateTime クラス|DateTime]])
インスタンスが示すファイルやフォルダの、更新日時を取得または設定します。
+
インスタンスが示すファイルやフォルダの、更新日時を取得または設定します。フォルダの日時変更は、NT系OSのみです。
  
 
====LastWriteTimeUtc====
 
====LastWriteTimeUtc====
 
  Function LastWriteTimeUtc() As [[DateTime クラス|DateTime]]
 
  Function LastWriteTimeUtc() As [[DateTime クラス|DateTime]]
 
  Sub LastWriteTimeUtc(ByRef value As [[DateTime クラス|DateTime]])
 
  Sub LastWriteTimeUtc(ByRef value As [[DateTime クラス|DateTime]])
インスタンスが示すファイルやフォルダの、更新日時を世界協定時刻(Utc)で取得または設定します。
+
インスタンスが示すファイルやフォルダの、更新日時を世界協定時刻(Utc)で取得または設定します。フォルダの日時変更は、NT系OSのみです。
  
 
====Exists====
 
====Exists====

2007年2月3日 (土) 02:39時点における版

FileSystemInfo クラスは、FileInfo クラスDirectoryInfo クラスの基本的な機能をまとめた抽象クラスです。

クラス機能

プロパティ

Attributes

Function Attributes() As FileAttributes
Sub Attributes(ByRef value As FileAttributes)

インスタンスが示すファイルやフォルダの、FileAttributesを取得または設定をします。

CreationTime

Function CreationTime() As DateTime
Sub CreationTime(ByRef value As DateTime)

インスタンスが示すファイルやフォルダの、作成日時を取得または設定をします。フォルダの日時変更は、NT系OSのみです。

CreationTimeUtc

Function CreationTimeUtc() As DateTime
Sub CreationTimeUtc(ByRef value As DateTime)

インスタンスが示すファイルやフォルダの、作成日時を世界協定時刻(Utc)で取得または設定をします。フォルダの日時変更は、NT系OSのみです。

LastAccessTime

Function LastAccessTime() As DateTime
Sub LastAccessTime(ByRef value As DateTime)

インスタンスが示すファイルやフォルダの、アクセス日時を取得または設定をします。フォルダの日時変更は、NT系OSのみです。

LastAccessTimeUtc

Function LastAccessTimeUtc() As DateTime
Sub LastAccessTimeUtc(ByRef value As DateTime)

インスタンスが示すファイルやフォルダの、アクセス日時を世界協定時刻(Utc)で取得または設定をします。フォルダの日時変更は、NT系OSのみです。

LastWriteTime

Function LastWriteTime() As DateTime
Sub LastWriteTime(ByRef value As DateTime)

インスタンスが示すファイルやフォルダの、更新日時を取得または設定します。フォルダの日時変更は、NT系OSのみです。

LastWriteTimeUtc

Function LastWriteTimeUtc() As DateTime
Sub LastWriteTimeUtc(ByRef value As DateTime)

インスタンスが示すファイルやフォルダの、更新日時を世界協定時刻(Utc)で取得または設定します。フォルダの日時変更は、NT系OSのみです。

Exists

Function Exists() As Boolean

インスタンスが示すファイルやフォルダが、存在するかどうかを取得します。存在する場合True、それ以外はFlaseです。

Extension

Function Extension() As String

インスタンスが示すファイルやフォルダ名の、拡張子を返します。

FullName

Function FullName() As String

インスタンスが示すファイルやフォルダの、フルパスを取得します。

Name

Function Name() As String

インスタンスが示すファイルやフォルダの名前を取得します。

メソッド

Delete

Virtual Sub Delete()

インスタンスが示すファイルやフォルダを削除します。

関連項目

FileInfo クラス DirectoryInfo クラス