Exceptionクラス

提供: AB開発Wiki
2008年2月21日 (木) 11:40時点におけるEgtra (トーク | 投稿記録)による版 (Exceptionは例外の基底クラス)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先:案内検索

Exceptionは、全ての例外の基底となるクラスです。全ての例外はExceptionおよびその派生クラスのインスタンスであるべきです。

クラスの機能

公開メソッド

コンストラクタ

Sub Exception()
Sub Exception(message As String)
Sub Exception(message As String, innerException As Exception)
message
エラーメッセージ
innerException
内部例外

内部例外は、他の例外インスタンスをラップするときに、基のインスタンスを指定します。

GetBaseException

最初に投げられた大元の例外

Function GetBaseException() As Exception

ラップされている例外があれば、その元をたどって一番最初に作られた例外インスタンスを返します。

GetBaseException

文字列化します。

Override Function ToString() As String

公開プロパティ

InnerException

内部例外を返します。

Function InnerException() As Exception
戻り値
これが保持している内部例外。無ければNothing。

Message

エラーメッセージを返します。

Virtual Function Message() As String

HelpLink

この例外に関連付けられたヘルプへのURLもしくはURNの取得・設定を行います。

Virtual Sub HelpLink(help As String)
Virtual Function HelpLink() As String

Source

この例外の発生元のアプリケーションもしくはオブジェクトの取得・設定を行います。

Virtual Sub Source(source As String)
Virtual Function Source() As String

限定公開プロパティ

HResult

Sub HResult(hres As HRESULT)
Function HResult() As HRESULT