「Environmentクラス」の版間の差分

提供: AB開発Wiki
移動先:案内検索
(クラスの機能)
(差し戻し)
 
3行目: 3行目:
 
<Classes/System/Environment.ab>にて実装されています。
 
<Classes/System/Environment.ab>にて実装されています。
  
ttpx2h <a href="http://hgicbncswpqg.com/">hgicbncswpqg</a>, [url=http://ctwyfrlikkaa.com/]ctwyfrlikkaa[/url], [link=http://dpacujmnriga.com/]dpacujmnriga[/link], http://qdrgblkxvrpn.com/
+
==クラスの機能==
 +
===公開メソッド===
 +
====Exit====
 +
プロセスを終了します。
 +
Static Sub Exit(exitCode As Long)
 +
;exitCode
 +
:オペレーティングシステムへ渡すプロセスの終了コードを指定します。
 +
 
 +
====ExpandEnvironmentVariables====
 +
文字列中の環境変数を展開します。
 +
  Static Function ExpandEnvironmentVariables(s As String) As String
 +
;s
 +
:環境変数の指定を含んだ文字列
 +
;戻り値
 +
:展開後の文字列
 +
環境変数は'''%NAME%'''のように%で環境変数名を挟んで指定します。
 +
 
 +
=====使用例=====
 +
Dim s = System.Environment.ExpandEnvironmentVariables("%TEMP%\HOGE.$$$")
 +
例えば環境変数TEMPの値がC:\WINDOWS\TEMPであれば、sの中身は、"C:\WINDOWS\TEMP\HOGE.$$$"になります。
 +
 
 +
====FailFast====
 +
プロセスを強制的に終了します。
 +
Static Sub FailFast(message As String)
 +
;message
 +
:ユーザへ通知するメッセージ
 +
 
 +
====GetEnvironmentVariable====
 +
環境変数の値を返します。
 +
Static Function GetEnvironmentVariable(variable As String) As String
 +
;variable
 +
:取得したい環境変数の名前
 +
;戻り値
 +
:それに対応する値
 +
 
 +
=====使用例=====
 +
Dim s = System.Environment.GetEnvironmentVariable("%WINDIR%")
 +
例えば環境変数WINDIRの値がC:\WINDOWSであれば、sの中身は、"C:\WINDOWS"になります(WINDOWSフォルダのパスを知りたければ[[#GetFolderPath|GetFolderPathメソッド]]を使用する方法もあります)。
 +
 
 +
====GetFolderPath====
 +
特殊フォルダの絶対パスを返します。
 +
Static Function GetFolderPath(f As Environment_SpecialFolder) As String
 +
;f
 +
:取得したい特殊フォルダを表す[[#SpecialFolder|SpecialFolder列挙体]]の値
 +
;戻り値
 +
:対応する特殊フォルダへのパス
 +
[[GetFolderPath関数]] (ActiveBasic.Windows名前空間)は、取得可能な特殊フォルダの種類がこのメソッドの上位集合(スーパーセット)となっています。
 +
 
 +
====SetEnvironmentVariable====
 +
環境変数を設定します。
 +
Static Sub SetEnvironmentVariable(variable As String, value As String)
 +
;variable
 +
:環境変数の名前
 +
;value
 +
:設定する値
 +
 
 +
====CommandLine====
 +
コマンドライン引数を返します。
 +
Static Function CommandLine() As String
 +
;戻り値
 +
:コマンドライン引数
 +
この戻り値は、空白などで分割された状態になっていません。必要なら自ら分解処理を行う必要があります。
 +
 
 +
===公開プロパティ===
 +
====CurrentDirectory====
 +
カレントディレクトリを参照・設定します。
 +
Static Function CurrentDirectory() As String
 +
Static Sub CurrentDirectory(cd As String)
 +
 
 +
====ExitCode====
 +
終了コードを参照・設定します。
 +
Static Function ExitCode() As Long
 +
Static Sub ExitCode(code As Long)
 +
[[Endステートメント]]を呼んだときにExitCodeの値がオペレーティングシステムへ渡されます。
 +
 
 +
====HasShutdownStarted====
 +
プロセスが終了処理を開始しているかを参照します。
 +
Static Function HasShutdownStarted() As Boolean
 +
;戻り値
 +
:終了処理が開始されている場合はTrueで、そうでなければFalse
 +
終了処理が開始している場合、ライブラリの使用に制限が生じる可能性があります。
 +
 
 +
====MachineName====
 +
プロセスを実行中のコンピュータの名前を参照します。
 +
Static Function MachineName() As String
 +
 
 +
====NewLine====
 +
現在実行しているシステムの標準の改行文字列を参照します。
 +
Static Function NewLine() As String
 +
WindowsではEx"\r\n"です。
 +
 
 +
====OSVersion====
 +
プロセスを実行中のオペレーティングシステムのバージョン情報を参照します。
 +
Static Function OSVersion() As [[OperatingSystemラス|OperatingSystem]]
 +
;戻り値
 +
:実行中のオペレーティングシステムのバージョン情報を表す[[OperatingSystem クラス]]のインスタンス
 +
 
 +
====ProcessorCount====
 +
実行中のコンピュータが搭載しているプロセッサの数を参照します。
 +
Static Function ProcessorCount() As Long
 +
 
 +
====SystemDirectory====
 +
システムディレクトリの絶対パスを返します。
 +
Static Function SystemDirectory() As String
 +
システムディレクトリは、例えばC:\WINDOWS\SYSTEM (9x, 2000以降)やC:\WINNT\SYSTEM32 (NT 4まで)などのようになります。
 +
 
 +
====TickCount====
 +
システムが起動してからの時間をミリ秒単位で参照できます。
 +
Static Function TickCount() As Long
 +
;戻り値
 +
:システムが起動してからの時間(ミリ秒単位)
 +
 
 +
====UserName====
 +
このプロセスを実行しているユーザの名前を参照します。
 +
Static Function UserName() As String
 +
;戻り値
 +
:ユーザ名
 +
 
 +
====WorkingSet====
 +
ワーキングセット(プロセスに割り当てられている物理メモリ量)を参照します
 +
Static Function WorkingSet() As Int64
 +
;戻り値
 +
:ワーキングセットの量
 +
なお、このメソッドはWindows NT系以外では利用できません。利用不可能な環境では0が戻り値となります。
 +
 
 +
===公開列挙体===
 +
====SpecialFolder====
 +
[[#GetFolderPath|GetFolderPathメソッド]]で特殊フォルダを指定するための列挙体です。現在、クラス内に列挙体を宣言できないため、暫定処置としてSystem名前空間上にEnvironment_SpecialFolderとして存在させています。
 +
;Desktop
 +
:仮想デスクトップ(ユーザ毎) - このフォルダへのパスは取得できません。DesktopDirectoryを用いてください。
 +
;DesktopDirectory
 +
:ファイルシステム上のデスクトップディレクトリ(Windows 2000/XPでは主にC:\Documents And Settings\''ユーザ名''\Desktopになります)
 +
;MyComputer
 +
:マイコンピュータ - このフォルダへのパスは取得できません。
 +
;Personal
 +
:マイドキュメント
 +
;MyDocuments
 +
:マイドキュメント
 +
;MyPictures
 +
:マイピクチャ
 +
;MyMusic
 +
:マイミュージック
 +
;StartMenu
 +
:スタートメニュー(ユーザ毎)
 +
;Programs
 +
:スタートメニューまたはプログラムグループのプログラム
 +
;Startup
 +
:スタートアップ(ユーザ毎)
 +
;Recent
 +
:最近使ったファイル
 +
;SendTo
 +
:送る
 +
;Templates
 +
:ドキュメントテンプレート
 +
;Favorites
 +
:お気に入り
 +
;InternetCache
 +
:インターネットキャッシュ
 +
;Cookies
 +
:インターネットクッキー
 +
;History
 +
:履歴
 +
;ApplicationData
 +
:アプリケーションデータ
 +
;LocalApplicationData
 +
:このコンピュータに固有のアプリケーションデータ
 +
;CommonApplicationData
 +
:アプリケーションデータ(全ユーザ共通)
 +
;System
 +
:システムディレクトリ
 +
;CommonProgramFiles
 +
:Program Files(全ユーザ共通)
 +
;ProgramFiles
 +
:プログラムファイル(主にC:\Program Filesでしょう)
 +
 
 +
[[Category:System名前空間]]

2011年1月15日 (土) 17:48時点における最新版

Environment クラスは、このプロセスを実行している環境に関する情報を参照・設定したり環境に関する操作を行ったりするメソッドの集合です。

<Classes/System/Environment.ab>にて実装されています。

クラスの機能

公開メソッド

Exit

プロセスを終了します。

Static Sub Exit(exitCode As Long)
exitCode
オペレーティングシステムへ渡すプロセスの終了コードを指定します。

ExpandEnvironmentVariables

文字列中の環境変数を展開します。

Static Function ExpandEnvironmentVariables(s As String) As String
s
環境変数の指定を含んだ文字列
戻り値
展開後の文字列

環境変数は%NAME%のように%で環境変数名を挟んで指定します。

使用例
Dim s = System.Environment.ExpandEnvironmentVariables("%TEMP%\HOGE.$$$")

例えば環境変数TEMPの値がC:\WINDOWS\TEMPであれば、sの中身は、"C:\WINDOWS\TEMP\HOGE.$$$"になります。

FailFast

プロセスを強制的に終了します。

Static Sub FailFast(message As String)
message
ユーザへ通知するメッセージ

GetEnvironmentVariable

環境変数の値を返します。

Static Function GetEnvironmentVariable(variable As String) As String
variable
取得したい環境変数の名前
戻り値
それに対応する値
使用例
Dim s = System.Environment.GetEnvironmentVariable("%WINDIR%")

例えば環境変数WINDIRの値がC:\WINDOWSであれば、sの中身は、"C:\WINDOWS"になります(WINDOWSフォルダのパスを知りたければGetFolderPathメソッドを使用する方法もあります)。

GetFolderPath

特殊フォルダの絶対パスを返します。

Static Function GetFolderPath(f As Environment_SpecialFolder) As String
f
取得したい特殊フォルダを表すSpecialFolder列挙体の値
戻り値
対応する特殊フォルダへのパス

GetFolderPath関数 (ActiveBasic.Windows名前空間)は、取得可能な特殊フォルダの種類がこのメソッドの上位集合(スーパーセット)となっています。

SetEnvironmentVariable

環境変数を設定します。

Static Sub SetEnvironmentVariable(variable As String, value As String)
variable
環境変数の名前
value
設定する値

CommandLine

コマンドライン引数を返します。

Static Function CommandLine() As String
戻り値
コマンドライン引数

この戻り値は、空白などで分割された状態になっていません。必要なら自ら分解処理を行う必要があります。

公開プロパティ

CurrentDirectory

カレントディレクトリを参照・設定します。

Static Function CurrentDirectory() As String
Static Sub CurrentDirectory(cd As String)

ExitCode

終了コードを参照・設定します。

Static Function ExitCode() As Long
Static Sub ExitCode(code As Long)

Endステートメントを呼んだときにExitCodeの値がオペレーティングシステムへ渡されます。

HasShutdownStarted

プロセスが終了処理を開始しているかを参照します。

Static Function HasShutdownStarted() As Boolean
戻り値
終了処理が開始されている場合はTrueで、そうでなければFalse

終了処理が開始している場合、ライブラリの使用に制限が生じる可能性があります。

MachineName

プロセスを実行中のコンピュータの名前を参照します。

Static Function MachineName() As String

NewLine

現在実行しているシステムの標準の改行文字列を参照します。

Static Function NewLine() As String

WindowsではEx"\r\n"です。

OSVersion

プロセスを実行中のオペレーティングシステムのバージョン情報を参照します。

Static Function OSVersion() As OperatingSystem
戻り値
実行中のオペレーティングシステムのバージョン情報を表すOperatingSystem クラスのインスタンス

ProcessorCount

実行中のコンピュータが搭載しているプロセッサの数を参照します。

Static Function ProcessorCount() As Long

SystemDirectory

システムディレクトリの絶対パスを返します。

Static Function SystemDirectory() As String

システムディレクトリは、例えばC:\WINDOWS\SYSTEM (9x, 2000以降)やC:\WINNT\SYSTEM32 (NT 4まで)などのようになります。

TickCount

システムが起動してからの時間をミリ秒単位で参照できます。

Static Function TickCount() As Long
戻り値
システムが起動してからの時間(ミリ秒単位)

UserName

このプロセスを実行しているユーザの名前を参照します。

Static Function UserName() As String
戻り値
ユーザ名

WorkingSet

ワーキングセット(プロセスに割り当てられている物理メモリ量)を参照します

Static Function WorkingSet() As Int64
戻り値
ワーキングセットの量

なお、このメソッドはWindows NT系以外では利用できません。利用不可能な環境では0が戻り値となります。

公開列挙体

SpecialFolder

GetFolderPathメソッドで特殊フォルダを指定するための列挙体です。現在、クラス内に列挙体を宣言できないため、暫定処置としてSystem名前空間上にEnvironment_SpecialFolderとして存在させています。

Desktop
仮想デスクトップ(ユーザ毎) - このフォルダへのパスは取得できません。DesktopDirectoryを用いてください。
DesktopDirectory
ファイルシステム上のデスクトップディレクトリ(Windows 2000/XPでは主にC:\Documents And Settings\ユーザ名\Desktopになります)
MyComputer
マイコンピュータ - このフォルダへのパスは取得できません。
Personal
マイドキュメント
MyDocuments
マイドキュメント
MyPictures
マイピクチャ
MyMusic
マイミュージック
StartMenu
スタートメニュー(ユーザ毎)
Programs
スタートメニューまたはプログラムグループのプログラム
Startup
スタートアップ(ユーザ毎)
Recent
最近使ったファイル
SendTo
送る
Templates
ドキュメントテンプレート
Favorites
お気に入り
InternetCache
インターネットキャッシュ
Cookies
インターネットクッキー
History
履歴
ApplicationData
アプリケーションデータ
LocalApplicationData
このコンピュータに固有のアプリケーションデータ
CommonApplicationData
アプリケーションデータ(全ユーザ共通)
System
システムディレクトリ
CommonProgramFiles
Program Files(全ユーザ共通)
ProgramFiles
プログラムファイル(主にC:\Program Filesでしょう)