DriveInfo クラス

提供: AB開発Wiki
2007年4月1日 (日) 07:52時点におけるOverTaker (トーク | 投稿記録)による版 (Function DriveType)
移動先:案内検索

DriveInfo クラスは、ドライブについてのさまざまな情報を取得することができます。

クラスの機能

プロパティ

AvailableFreeSpace

Function AvailableFreeSpace() As QWord

インスタンスのドライブの、ユーザーが使用できる空き容量を取得します。

DriveFormat

Function DriveFormat() As String

インスタンスのドライブのファイルシステムを取得します。

DriveType

Function DriveType() As DriveType

インスタンスのドライブのタイプが、DriveType 列挙体で返ります。

IsReady

Function IsReady() As BOOL

インスタンスのドライブが、準備できているのならTRUE、それ以外はFALSEです。

Name

Function Name() As String

インスタンスのドライブ名を取得します。例:"C:¥"

RootDirectory

Function RootDirectory() As DirectoryInfo

インスタンスのルートディレクトリの情報を、DirectoryInfoで取得します。未実装です。

TotalFreeSpace

Function TotalFreeSpace() As QWord

インスタンスのドライブの空き容量を取得します。

TotalSize

Function TotalSize() As QWord

インスタンスのドライブの、総容量を取得します。

VolumeLabel

Function VolumeLabel() As String

インスタンスのドライブの、ボリュームラベルを取得します。

メソッド

コンストラクタ

Sub DriveInfo(driveName As String)
driveName
ドライブを示す、a-zの1文字を指定します。

指定したドライブでインスタンスを初期化します。

備考

いくつか未実装のメソッドがあります。