Directoryクラス

提供: AB開発Wiki
2008年2月26日 (火) 10:17時点におけるOverTaker (トーク | 投稿記録)による版 (まだ書いてる途中です。)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先:案内検索

Directoryクラスは、ディレクトリの操作や、情報を取得することができます。

クラス機能

パブリックメソッド

CreateDirectory

フォルダを作成します。

Static Function CreateDirectory(path As String) As DirectoryInfo
path
ファイルパス。
戻り値
作成したフォルダを示すDirectoryInfo。

Delete

フォルダを削除します。

Static Sub Delete(path As String)
Static Sub Delete(path As String, recursive As Boolean)
path
ファイルパス
recursive
ファイルの中身も消す場合True、そうでない場合False。省略した場合Falseです。

recursiveがFalseの時、フォルダ内にファイルが存在するとフォルダは削除されません。

Exists

フォルダが存在するかどうかを取得します。

Static Function Exists(path As String) As Boolean
path
ファイルパス
戻り値
存在する場合True,存在しない場合False。

GetCurrentDirectory

カレントディレクトリを取得します。

Static Function GetCurrentDirectory() As String
戻り値
カレントリディレクトリを示すファイルパス

Environment.CurrentDirectoryと同じ値を取得します。

GetCreationTime

フォルダを作成した時刻を取得します。

Static Function GetCreationTime(path As String) As DateTime
path
ファイルパス。
戻り値
作成した時刻を表すDateTime。

GetCreationTimeUtc

フォルダを作成した時刻をUTC時刻で取得します。

Static Function GetCreationTimeUtc(path As String) As DateTime
path
ファイルパス。
戻り値
作成した時刻を表すDateTime。

GetDirectories

フォルダ内にあるフォルダを取得します。

Static Function GetDirectories(path As String) As List<String>
Static Function GetDirectories(path As String, searchPattern As String) As List<String>
Static Function GetDirectories(path As String, searchPattern As String, searchOption As SearchOption) As List<String>
path
ファイルパス
searchPattern
見つかったフォルダのうち、searchPatternの文字列と一致するものが取得されます。省略した場合すべて取得します。
searchOption
検索する範囲をSearchOptionで指定します。省略した場合、SearchOption.TopDirectoryOnly。
戻り値
見つかったフォルダのファイルパスが格納されたList<String>。