構造体

提供: AB開発Wiki
2007年3月7日 (水) 02:37時点における210.160.212.112 (トーク)による版
移動先:案内検索

構造体を利用すると、複数の様々なデータ型を一つにまとめて管理できます。ABではクラスは参照型なのに対し、構造体は値型です。構造体はC/C++の構造体とビット単位で互換性を持ち、低レベルAPIを操作する場合に有効な手段となります。内部がブラックボックス化されるクラスとは異なり、構造体はデータ配置の順序や型サイズ、アラインメントに気を配りながら扱う必要があります。

構造体の定義

Type [Align(n)] TypeName
    Members
End Type

項目

n

アラインメントをバイト単位で指定できます。指定する値は1,2,4,8,16のいずれかでなければなりません。

TypeName

構造体の名前を指定します。

Members

構造体を構成するメンバ(複数可)を指定します。"Member As Type" などのように、メンバ名・データ型を指定します。

備考

小さなデータを扱う場合、値型である構造体は非常に軽い動作を提供してくれますが、大きなデータを扱うときには、データ量に注意しなければなりません。例えば、下記のようなコードは構造体のハードコピーが行われ、構造体サイズが実行速度に影響を及ぼします。

Type DATAINFO
    a[MAX] As Long
End Type

Sub Proc( data As DATAINFO )
    ...
End Sub

Dim data As DATAINFO
Dim data2 As DATAINFO
...
data = data2   'ハードコピーが行われる
Proc( data )   'ハードコピーが行われる