「型」の版間の差分

提供: AB開発Wiki
移動先:案内検索
(関数へのポインタ型: 関数ポインタへのリンク)
95行目: 95行目:
 
* 値の範囲
 
* 値の範囲
 
:: 1.7E +/- 308 (15 桁)
 
:: 1.7E +/- 308 (15 桁)
 +
 +
 +
=== ブーリアン ===
 +
 +
==== Boolean ====
 +
* 概要
 +
:: 真偽値を見分けるための型
 +
* サイズ
 +
:: 1 byte
 +
* 値の種類
 +
:: True or False
 +
:: ※内部表現は True = 1、False = 0 となります。比較演算の戻り値はBoolean型です。
  
  

2007年1月21日 (日) 23:10時点における版

基本型とはコンパイラが直接的に認識できるデータの種類です。基本型は値を保持するためだけにある型ですので、オブジェクトとしての振る舞いはありません。

基本型一覧

整数型

Char

  • 概要
符号あり8ビット整数型
  • サイズ
1 byte
  • 値の範囲
-128 ~ 127


Byte

  • 概要
符号なし8ビット整数型
  • サイズ
1 byte
  • 値の範囲
0 ~ 255


Integer

  • 概要
符号あり16ビット整数型
  • サイズ
2 byte
  • 値の範囲
-32768 ~ 32767


Word

  • 概要
符号なし16ビット整数型
  • サイズ
2 byte
  • 値の範囲
0 ~ 65535


Long

  • 概要
符号あり32ビット整数型
  • サイズ
4 byte
  • 値の範囲
-2147483648 ~ 2147483647


DWord

  • 概要
符号なし32ビット整数型
  • サイズ
4 byte
  • 値の範囲
0 ~ 4294967295


Int64

  • 概要
符号あり64ビット整数型
  • サイズ
8 byte
  • 値の範囲
-9223372036854775808 ~ 9223372036854775807


QWord

  • 概要
符号なし64ビット整数型
  • サイズ
8 byte
  • 値の範囲
0 ~ 18446744073709551616


浮動小数点型

Single

  • 概要
単精度浮動小数点型
  • サイズ
4 byte
  • 値の範囲
3.4E +/- 38 (7 桁)


Double

  • 概要
倍精度浮動小数点型
  • サイズ
8 byte
  • 値の範囲
1.7E +/- 308 (15 桁)


ブーリアン

Boolean

  • 概要
真偽値を見分けるための型
  • サイズ
1 byte
  • 値の種類
True or False
※内部表現は True = 1、False = 0 となります。比較演算の戻り値はBoolean型です。


プラットフォームによって異なるサイズを持つ型

LONG_PTR

Win32 (x86)の環境ではLong型として認識されます。Win64 (x64)の環境ではInt64型として認識されます。


ULONG_PTR

Win32 (x86)の環境ではDWord型として認識されます。Win64 (x64)の環境ではQWord型として認識されます。

ポインタ型

VoidPtr

どのようなオブジェクトを指し示すこともできるポインタ型です。Win32 (x86)の環境では4 byte、Win64 (x64)の環境では8 byteです。

その他オブジェクトへのポインタ型

型名に*を前置すると、その型を指し示すポインタ型を意味します。例: *Byte, *String /* とりあえずオブジェクトという言葉を用いましたがほかに適切なものはあるでしょうか。*/

関数へのポインタ型

関数宣言に*を前置すると、その関数を指し示すポインタ型を意味します。例: *Sub(x As Double), *Function(ptr As VoidPtr) As DWord。詳しくは関数#関数ポインタを参照してください。

備考

ABにはこの他にも文字列型(String型)をはじめとする多くの方が標準ライブラリに搭載されています。それらの型に関する詳細はクラス一覧をご覧ください。