デリゲート

提供: AB開発Wiki
2011年1月15日 (土) 17:43時点におけるEgtra (トーク | 投稿記録)による版 (Category指定を修正)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先:案内検索

デリゲート型の定義

Delegate Sub/Function name([parameters]) [As type]

項目

Sub/Function

戻り値が存在しないときはSubを、存在するときはFunctionを指定します。

name

デリゲートの型名を指定します。

parameters

パラメータを記述します。

As type

Function定義の場合のみ、戻り値の型を指定します。

使用方法

「デリゲート型の定義」「デリゲートの生成」「メソッドの代入」「デリゲートの呼び出し」が一連の流れになります。メソッドをデリゲートにセットするときは、AddressOf関数を利用します。

'デリゲート型を定義する
Delegate Sub SampleDelegate()

'デリゲートを生成する
Dim DeleProc As SampleDelegate

'デリゲートにメソッドを代入する
DeleProc = AddressOf(obj.method)

'デリゲートを呼び出す
DeleProc()


備考

デリゲート型のすべては下記に示すDelegateBaseクラスから派生します。

工事中...